Top >  その他看護師関連のこと >  看護師と共に働く専門スタッフ 

看護師と共に働く専門スタッフ 

では、一般に、看護師とともに働く

スタッフを一部紹介しますね。


まずは、医師なしでは

病院は成り立たないですよね。


そして臨床検査技師です。


血液を調べたり、心電図など

いろんな検査を行う人たちがいます。


そしてリハビリをしてくれる理学療法士です。


病気やケガによって身体に障害をかかえた人に対して、

基本的な運動機能の回復をはかる手助けをします。


そして作業療法士です。


心身に障害がある人に、

手芸、工作、園芸などの作業を通じて、

社会生活に適応できる能力の訓練を行います。


そして薬剤師です。


医師の処方した薬を調剤したり、管理したり、

薬の副作用についての説明などを行います。


そして栄養士です。


食と栄養に関する専門的知識をもとに

献立を作成したり、

栄養指導などを行います。


栄養士は都道府県知事の免許なんですが、

栄養士として経験を積み、

管理栄養士になれば、国家資格になります。


そしてケースワーカーです。


生活困難者や、高齢者などの生活上の相談や

治療・医療費・保険・退院後の生活についての相談を受け、

援助してくれる相談員です。


そして診療放射線技師です。


レントゲン技師などと呼ばれ、エックス線や

CTスキャナーなどの特殊技術を使って

診療や治療をサポートする人のことです。


こうしていろんな職種の人たちと共に

協力して働いていくんですよ。

         

その他看護師関連のこと

看護師として働くとき、どこに就職しても、
看護師だけで働くわけではありません。

そこで、一緒に働く職種の人の紹介と、
看護師として必要な事を記載しました。

このカテゴリ内の記事


看護師と共に働く専門スタッフ 
看護師に必要な能力 







Yahoo!ブックマークに登録