Top >  看護師の表と裏 >  燃え尽き症候群

燃え尽き症候群

みなさん燃えつき症候群ということばをしっていますか。


高い目標を掲げて仕事に全力を注いでいた人が、

ある日突然、燃えつきたように急に

仕事の意欲を失ってしまう病気のことです。


過度な緊張やストレスが長く続いているのに、それを乗り越えようと

さらに頑張りすぎて、ついにはストレスに対処しきれなくなってしまい

燃えつきてしまうんです。


燃えつき症候群は、いわゆる仕事に燃えてがんばっている人、

理想の高い人がなりやすいものなんです。


いろいろな職業の人に見られるうですが、

特に医療や教育、福祉など、人と直接関わる職業に多く、

看護師にも結構多いといわれているんですよ。


新人より、中堅クラスの看護師がなりやすかったりします。


周りのの期待に応えようと、自分の目標をどんどん高くしてしまったり、

なにしろ人の命に関わる重要な仕事をしているという重圧感が、

自分を追い詰めてしまうのでしょうね。


理想と現実のギャップに悩んで、燃えつきて

看護職を辞めてしまう人もいます。


こういうことを防ぐために、職場全体で働く環境や、

条件の改善に努めているところもあります。


なので、決して一人で悩まず、気分転換を図って、

また仕事に望むことが大切なんですよ。

         

看護師の表と裏

実際看護師をしていて、
いいところと、悪いところ、
そしてお金の事などを記載しました。

このカテゴリ内の記事


看護師の良い点
看護師のイヤな点
看護師のお給料
看護師の理想と現実
燃え尽き症候群







Yahoo!ブックマークに登録