Top >  看護学校について >  看護学校の授業内容

看護学校の授業内容

看護学校に進学すると、専門教科の勉強と、実習があります。


実習は、まず校内で技術の練習をします。

その後少しずつ実際の現場に出て、

看護師の指導者の下、看護師のお仕事をしていきます。


専門教科というのは、解剖学、生理学、薬理学、

心理学や、内科、外科、脳外科、小児科などの

病気の勉強まで何十種類と教科があるんです。


学校の先生が教える教科もあれば、

実際のドクターや、医大の教授などが教えてくれる

講義もありますよ。


かなり、実際の話が聞けるので、

想像しながらお勉強が出来たりしますよ。


次に実習ですが、最初は校内で学生同士でシーツ交換、

環境整備といった基礎実習などをします。


進んでいくと、食事介助、体位交換、入浴介助、清拭、

排泄介助、採血、注射など

患者さんに触れるような事になって行きます。


校内実習では、実際に学生同士で採血をしたりするんです。


校内実習が済んだら次は病院、特別養護老人ホーム等に行き

実際に患者さんについての臨床実習と進んでいきます。


あとは、定期的にテストが行われますね。


何しろ国家資格を目指すわけですから、

もちろんボーダーラインは高いですよ。


余談ですが、看護学校でも

研修旅行や○○会など楽しい行事もあります。

         

看護学校について

看護師になるには、必ず看護学校に行かなければなりません。

そこで、まずは看護学校に進むにはどうしたらいいか、
どんな受験があるのかなど
看護学校についての説明を記載しています。

このカテゴリ内の記事


看護学校の種類
看護学校の選び方
看護学校の受験内容
看護学校の授業内容
社会人からの進学と編入
国家試験について







Yahoo!ブックマークに登録