Top >  看護師の職場 >  看護師不足の対策

看護師不足の対策

今、全国的な看護師不足と言われているのを

耳にすることがあると思います。


国家試験の合格者が出ているにもかかわらず、

看護師不足は悪化している地域も

結構多いようなんです。


原因としては、やはり看護師の仕事が大変なため

離職する人が多く、一度離職したら

再び働くことが難しいことがあるようですね。


この看護師不足の解消を目指し、日本看護協会は2007年度から

看護師の確保定着推進事業というものに

本格的に取り組んでいます。


看護師離れを下げるため目標を設定して、

離職防止や再就業支援などに

取り組むんでいるようなんです。


新事業は3年計画で、常勤の新卒看護師の

離職率を下げるほか、都道府県ナースセンターを通じた

再就業者を増やしていくようです。


そこで看護師の離職率を抑え、離職したとしても、

再就職しやすいように環境を作ろうと

動き出しているということなんです。


看護師はこれからもずっと、必要とされる職種なので、

一刻も早く看護師不足を改善して欲しいですよね。

         

看護師の職場

看護師の資格を取り、病院で働く以外にどこで働けるのか。

看護師不足は本当なのか。

転職の実際はどうなのかなど記載しました。

このカテゴリ内の記事


看護師の求人
看護師の活躍できる職場
看護師の転職
看護師不足の対策







Yahoo!ブックマークに登録