Top >  看護師の種類 >  ケアマネージャー

ケアマネージャー

キャリアアップとして、

ケアマネージャーという資格も取れます。


ケアマネジャーは介護支援専門員と言われています。


「介護保険利用者の心身状態の状況、環境に応じて

適切な保健医療サービス、福祉サービスが

効果的に利用できるように調整する」


と定められている国家資格を持っている人のことです。


ケアマネージャーになるには、

「介護支援専門員実務研修受講試験」に

合格しなければなりません。


条件として、指定の資格保有者で実務経験5年以上、

そして当該業務に従事した日数が

900日以上であることが必要です。


受験できる人の資格保有の種類は、


医師、歯科医師、歯科衛生士、薬剤師、社会福祉士、

介護福祉士、理学療法士、作業療法士、看護師、

准看護師、保健師、助産師、栄養士、視能訓練士、義肢装具士、


言語聴覚士、あん摩マッサージ指圧師、はり師、きゅう師、

柔道整復師、精神保健福祉士があります。


ケアマネージャーの就職先は、特別養護老人ホーム、

老人保健施設、療養病床、老人性痴疾患療養病棟、

訪問看護ステーションなどです。。

         

看護師の種類

看護師には種類があります。

どんな種類の看護師があるのか、
その看護師になるにはどうしたらよいのかが分かると思います。

このカテゴリ内の記事


看護師の種類いろいろ
保健師
助産師
専門看護師 
認定看護師
ケアマネージャー
動物看護師 
男性看護師  







Yahoo!ブックマークに登録