Top >  看護師の表と裏 >  看護師のイヤな点

看護師のイヤな点

看護師をしていると、

嫌なこともたくさん、たくさんあります。


昔は3Kと言われていましたが、

やはり今でもその通りですね。


やっぱり看護師の仕事はきついです。


毎日不規則勤務が続きますから、

体が人並みについていかない事もあります。


体を壊す人も結構いますから、

自己管理は不可欠ですね。


そして、一般に言う汚いものを扱いますから、

慣れないと仕方ないでしょう。


尿や便の介助と処理は日常です。


人の血液も扱いますから、

感染などに注意が必要ですよね。


そして流行のウイルスなどもらって

自分が感染してしまうことも多いです。


体力もたくさん使いますよ。


自分より大きな人を抱えたり、

お風呂に入れたりしますから相当疲れます。


腰を悪くする看護師はとても多いですから

気をつけないといけません。


あとは、日曜、祭日関係なくシフトが組まれますから、

あまり家族や友人と休みが合いませんね。


病院に勤務していると、残業もあります。

職場によっては残業手当は出ません。


それに伴い、イヤな点では仕事内容、

仕事量に対してお給料が伴っていないところでしょうね。

         

看護師の表と裏

実際看護師をしていて、
いいところと、悪いところ、
そしてお金の事などを記載しました。

このカテゴリ内の記事


看護師の良い点
看護師のイヤな点
看護師のお給料
看護師の理想と現実
燃え尽き症候群







Yahoo!ブックマークに登録