Top >  看護学校について >  看護学校の種類

看護学校の種類

看護学校にはどのような種類があるのでしょうか。


看護学校には、

大学、短期大学、看護専門学校、

高等学校看護科などがあります。


大学は4年大学、短期大学は2年大学です。


看護専門学校になると、

看護師の資格を取る3年コースと、

准看護師の資格を取る2年コースがあります。


詳しく説明すると、


3年コースは高校卒業資格以上が必要で、

3年かけて看護師の資格を取ることになります。


2年コースは中学卒業以上の資格で進学できます。


2年コースは、准看護師の資格をとるという事になり

働きながら学校にも行けます。


ただし准看護師の資格しかとれないので、

看護師になりたいのなら、

さらに進学しなければいけません。


その他に、高校の看護科に進学して

5年かけて看護師の資格を取る方法があります。


ちなみに私は最後の看護科卒業です。


数年前までは高校の3年間で准看護師の資格を取り、

さらに高校に併設されている専攻科に進学して

2年で看護師の資格を取っていました。


しかし今は、今後の准看護師の廃止に伴い

5年一貫教育にして看護師の資格を

取るようにしているんです。

         

看護学校について

看護師になるには、必ず看護学校に行かなければなりません。

そこで、まずは看護学校に進むにはどうしたらいいか、
どんな受験があるのかなど
看護学校についての説明を記載しています。

このカテゴリ内の記事


看護学校の種類
看護学校の選び方
看護学校の受験内容
看護学校の授業内容
社会人からの進学と編入
国家試験について







Yahoo!ブックマークに登録