Top >  看護師のお仕事 >  夜勤の仕事

夜勤の仕事

昼間の病院はよく見ていて、お見舞に行ったり、

看護学生だったら病院実習で実際に見ているので

想像がつくと思います。


では、夜勤はどんな仕事をしているのか教えますね。


夜勤の時は夕方出勤しますから、

だいたいお昼過ぎまで寝ていたりします。


夜勤はだいたい2、3人のスタッフしか

いませんから大忙しですよ。


出勤したら、日勤(昼間の勤務)のスタッフから引継ぎをしてもらい、

業務開始です。


夕食の準備、お薬、点滴、注射の準備をします。


夕食が終わったら夜の検温です。


中には手術の患者さんがいることもあるので、

手術後のお迎えや、術後の管理も

一人でしなくてはいけません。


夜9時には病院は消灯ですから、

各部屋のカーテンを閉めて電気を消します。


消灯後は、時間おきにおむつ交換、検温、

入院対応などが朝まで繰り返しです。


朝は6時ごろが起床なので、部屋のカーテンを開けて、

夜勤最後の検温をします。


そして朝食の準備、片付けをして、

次は日勤スタッフに引継ぎをして終了です。


新人看護師の夜勤者は、ほとんどが

お昼ごろまで残業をするのが現状ですね。


2人で一晩の仕事を行うわけですからかなり大変です。


夜勤の帰りはとても眠いので、

車の運転には十分気をつけましょう。

         

看護師のお仕事

実際の看護師の仕事内容について記載しました。

一般に知られているものから、もっと詳しく記載しています。

看護師はどんなことをしているのか分かります。

このカテゴリ内の記事


看護師の仕事内容
看護師の一日の流れ
夜勤の仕事







Yahoo!ブックマークに登録