Top >  看護師の種類 >  認定看護師

認定看護師

看護師からワンランク上の看護師の中に、

認定看護師というのもあるんです。


認定看護師とは、

「特定の専門看護分野において熟練した看護技術と知識がある」

と認められた看護師のことをいいます。


認定看護師の資格も、専門看護師と同様に、

日本看護協会の定めた認定資格になります。


認定看護師の種類には、


救急看護、 重症集中ケア、創傷・オストミー・失禁 看護、

ホスピスケア、がん性疾痛看護、がん化学療法看護、感染管理、

糖尿病看護、 不妊看護、訪問看護、


新生児集中ケア、 透析看護、手術看護、

乳がん看護、摂食・嚥下障害看護、小児救急看護、

認知症高齢者看護があります。


認定看護師になるには、保健師、助産師、看護師のいずれかの資格があり、

実務経験が通算5年以上 (そのうち通算3年は認定看護分野の経験)あれば、

受験することができます。


専門看護師に比べると、

取得しやすい資格といえるのではないでしょうか。


でも認定看護師になるためには

認定看護師教育課程(6か月以上)を

修了しなければならないんですよ。


この認定看護師教育課程を受講するには

100万円近い費用が必要なんです。


でも今は、看護師のキャリアアップのために

自分の職場が負担してくれて受講させてもらえるところが

多くなってきているようですね。


がんばれば取れる資格だと思いますよ。


やはり認定看護師の資格も、

5年ごとに更新しなければなりません。

         

看護師の種類

看護師には種類があります。

どんな種類の看護師があるのか、
その看護師になるにはどうしたらよいのかが分かると思います。

このカテゴリ内の記事


看護師の種類いろいろ
保健師
助産師
専門看護師 
認定看護師
ケアマネージャー
動物看護師 
男性看護師  







Yahoo!ブックマークに登録