Top >  看護師の種類 >  動物看護師 

動物看護師 

世の中には同じ看護師でも、

動物看護師という職種もあります。


動物看護師は、動物病院で獣医師の直接指導のもとに、

診療補助、手術補助、各種検査、受付業務、

飼い主への対応などを行います。


専門看護師のことで、

人間の看護を行う看護師と同じくらい

高度な技術と幅広い知識が必要とされます。


日本ではこのごろペットブームで、

それに伴い動物病院の数も年々増えており、

動物看護師の需要も今からはだんだん高くなっていくと思います。


でも、人の看護をする看護師は国家資格なんですが、

動物看護師は法律で定められているわけではなく、

民間資格という形です。


動物看護師も今後、法律によって

国家資格になるかもしれないと言われています。


動物看護師は、各団体などが

独自の審査基準に基づいて、

民間資格としての認定をされています。


各団体が実施する認定試験などに合格し、

認定を受ければ動物看護師として

働くことが可能となっています。


ほとんどの人が専門学校を出て、

試験を受けて就職をしているようです。


中には先に就職して経験を積んでから、

試験を受ける人もいます。


動物看護師は熱意と体力があればなれるようです。

         

看護師の種類

看護師には種類があります。

どんな種類の看護師があるのか、
その看護師になるにはどうしたらよいのかが分かると思います。

このカテゴリ内の記事


看護師の種類いろいろ
保健師
助産師
専門看護師 
認定看護師
ケアマネージャー
動物看護師 
男性看護師  







Yahoo!ブックマークに登録