Top >  看護師の休日 >  休暇について 

休暇について 

今は、完全週休2日制で勤務している看護師の割合が、

以前と比べて大幅に増えてきているようなんです。


就職すると、有給休暇という、

給料が支払われる休暇がもらえるんです。


この有給休暇は、ゆっくり帰省したりする場合などにも

有効に利用できるんですよ。


もらえる有給休暇の日数は、勤務する施設によって違いますが、

労働基準法によると、1年目で年間10日、

次の年から1日ずつ増えて年間20日までと定められています。


看護師の有給休暇についても、

ほとんどの病院がこのように設定されているようですね。


これから学校に通って看護師になろうという若い方には、

まだピンとこないかもしれませんが、今は介護休暇や育児休暇など、

かなり利用できるようになってきているんです。


厚生省では、高齢化社会に対応するため、

「介護休業等に関するガイドライン」という

聞きなれないでしょうが、決まりを作りました。


これによって、看護師の職場でも介護休暇制度を取り入れ、

最も近い身内の看護をしやすい状況が生まれ、

より休暇がとりやすくなりました。


育児休業・休暇も法的に認められるようになっています。


このように、まだまだ十分とはいえませんが、

看護師を一生続ける上で、さまざまな休暇の制度が

整えられてきていますから安心してくださいね。

         

看護師の休日

毎日とても忙しい看護師には、休日ってどのくらいあるのか、
本当に休めるのか、休暇をどのようにすごしているのかを
分かるように記載しています。

このカテゴリ内の記事


休暇について 
看護師の休日の過ごし方 







Yahoo!ブックマークに登録