Top >  看護師の種類 >  看護師の種類いろいろ

看護師の種類いろいろ

看護師には准看護師、看護師と別れています。


案外違いを知らないのではないしょうか?


准看護師とは、都道府県知事の免許で、

看護師は国家資格の免許なんですよ。


看護師は「自らの判断による主体的に看護が行える」と

定められているのに対し、


准看護師は「医師、歯科医師、看護師の指示により看護が行える」

と差があるんです。


でも、実際の現場では

准看護師も看護師もほぼ同じ仕事内容です。


いちいち看護師の指示の元で仕事をしたりはしていません。

ほぼというか、全く同じ仕事をします。


でも、資格の差はお給料には反映されます。

お給料はかなりの額の差があるようです。


いずれは准看護師は廃止される方針があるようですので、

これから看護師を目指す人は、

看護師国家資格を取ったほうがいいですよ。


准看護師養成学校も

かなり減っているようですからね。


あとは、聞きなれないと思いますが、

看護師の中には専門看護師や

認定看護師というものもあるんです。


自分のキャリアアップのために

資格をとれるんです。


あとは、身近に見かけるかも知れませんが

訪問看護師といって、

自宅に訪問して看護をします。


訪問看護師になるにも、研修を受けて、

実習に合格してからなれるんです。


訪問看護師は自分一人で

一人の患者さんの判断を要求されるため、

高度な知識が必要となってくるんです。


いろいろな種類の看護師がいますよね。

         

看護師の種類

看護師には種類があります。

どんな種類の看護師があるのか、
その看護師になるにはどうしたらよいのかが分かると思います。

このカテゴリ内の記事


看護師の種類いろいろ
保健師
助産師
専門看護師 
認定看護師
ケアマネージャー
動物看護師 
男性看護師  







Yahoo!ブックマークに登録