Top >  看護師の種類 >  助産師

助産師

助産師になるには、看護師資格を取ってから、

助産師養成学校に進学するか、または、

4年制看護大学に進学するかの道しかありません。


しかも、看護大学のすべてで

助産師養成しているわけではないようです。


大学を選ぶ際に助産師養成をしているか

調べる必要がありますから

注意してくださいね。


また、大学の助産選択コースは人数制限があり、

ほとんどの大学で1桁の人数しか

養成していないようです。


おまけに、少子化の時代のため

助産師学校もだいぶ少なくなってきているようです。


かなりの狭き門みたいですね。。。


助産師の仕事内容は、お産を扱ったり、

産婦さんのお世話や、教育、

新生児を扱ったり、育児指導などです。


もちろん看護師資格もありますから

看護師として働くこともできますよ。


でもなかには助産師の資格は取れたけど、

看護師の試験に落ちたという人もいます。


一応助産師の資格があれば働けます。


ちなみに、助産師の年収はだいたい

350ー400万円くらいみたいですよ。

         

看護師の種類

看護師には種類があります。

どんな種類の看護師があるのか、
その看護師になるにはどうしたらよいのかが分かると思います。

このカテゴリ内の記事


看護師の種類いろいろ
保健師
助産師
専門看護師 
認定看護師
ケアマネージャー
動物看護師 
男性看護師  







Yahoo!ブックマークに登録