Top >  看護師のお仕事 >  看護師の一日の流れ

看護師の一日の流れ

では、看護師の仕事の一日の主な流れを教えますね。


まず、一日は朝礼から始まります。


それから昔は申し送りというものがありましたが、

今はほとんど廃止されています。


夜勤者からの簡単な引継ぎをして、さあ業務の開始です。


まずは環境整備といって、

患者様一人ずつのベット周辺をきれいにしていきます。


そして検温といって熱、血圧などの測定に行きます。


その間に、処置があったり、担当医の回診があったり、

お風呂の日だったらお風呂の介助をします。


同時にナースコールはなりますから、患者さんと接しながら、

さらに他の患者さんのナースコールの対応をしたりと

忙しくなってきますね。


お昼には食事の準備をして、食事を配り、

自分で食べられない人の介助をします。


常に交代でお昼の休憩をとって、

常時看護師はいるようにしています。


そして、午後からはミーティングをして、

午前中の続きを回っていくんです。


夕方には、夜勤者が来ます。


次は夜勤者に簡単な引継ぎをして、

今日の患者さんの記録をして終わりです。


大体、大まかな流れです。

         

看護師のお仕事

実際の看護師の仕事内容について記載しました。

一般に知られているものから、もっと詳しく記載しています。

看護師はどんなことをしているのか分かります。

このカテゴリ内の記事


看護師の仕事内容
看護師の一日の流れ
夜勤の仕事







Yahoo!ブックマークに登録